アフィリエイト
タバコの上手な別れかた

禁煙でなく絶煙をめざします。

ホーム 全記事一覧 << ホタル族なら安全? 最初の3日間の過ごし方 >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
・イライラするから、とりあえず、タバコでも一服して落ち着こう・・・

・禁煙できたか、試してみよう・・・

・かなり吸わないでいられるようになったから、1本くらい吸っても大丈夫だろう・・・

タバコをやめた人は、全然気にならなくなったと言う人もいますが、そうではない(自分もですが)人は、おそらく、こらから先こう思うときがあると思います。 喫煙者と非喫煙者の最大の違いは、大抵のことは、引退後、現役復帰するのはかなりの努力を必要としますが、こと喫煙能力に関しては違うらしく、気持ちの準備ができていなくても身体はすぐに現役復帰できてしまうのです。



恥ずかしい話ですが、十年間禁煙していた私の父は、あっという間にヘビースモーカーに戻りました。昨年、血管の関係の病気で倒れ、入院しました。医師にタバコを止められ、すでに1年ほど禁煙しています。

命に関わらないとやめられないのか・・・・なんとも言えない気持ちでした。

父は十年間の禁煙を「タバコを吸うのを休んでいただけだ」と言います。父が本当のことを言ってるのか、負け惜しみなのか分りませんが、これがたぶん、本当のタバコの恐ろしさだと思います。

薬物なのに簡単に手に入り、ライターかマッチであれば摂取でき、中毒経験があればすぐにまた、中毒になれる。
唯一、絶対忘れてはいけないこと。大げさかもしれませんが、それが背負っていなければならない十字架なのかもしれません。

タバコをやめてどんなに時間が経っても、懐かしいことのように思い出したりしてはいけません。どんな味がしたとか、どんな感じだったとか、思い出す必要のないことです。

記憶は、時間が経つにつれ、いい思い出になってしまいます。タバコを吸っていたことなど一切忘れてください。

次第にタバコのことは気にならなくなってきますが、タバコに対する思い出ができてしまうのも、喫煙者だった人だけなのです。
スポンサーサイト
2006/04/24 10:43|禁煙TB:0CM:3
コメント

海外のタバコのパッケージには『タバコ吸うと血行障害により、イ●ポになる恐れがある』と記載されているようです。僕も指先がよく冷えて冬場は辛いです。禁煙宣言したあかつきにはタバコの記憶を消し去ります。
tabakosupasupa #-|2006/04/24(月) 14:35 [ 編集 ]
こんばんわ!
 先日、サッポロ飲料の社長の私生活という記事の中に「前回の禁煙期間は22年」という内容が載っていました。

私はビックリしました。22年経っても吸ってしまうおそれがあるんだと...。

逆に、22年後の自分を見てみたいですが。
ビーチタイム #-|2006/04/30(日) 18:03 [ 編集 ]

そうですね。

父を見て、10年禁煙できていて、どうして今更吸わないといけないわけ??? というのが自分が最初に思ったことですね。

なんとなく禁煙すると結局、なんとなく吸い始めてしまうのかもしれないものなのかもしれません。

今の自分では、理解できません。理解するする必要もないと思っていますけど・・・(笑)
yafooo #yErO6BWs|2006/05/02(火) 10:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yafooo.blog61.fc2.com/tb.php/13-751ccc97
Copyright(C) 2006 タバコの上手な別れかた All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。