アフィリエイト
タバコの上手な別れかた

禁煙でなく絶煙をめざします。

ホーム 全記事一覧 << 禁煙ではなく、タバコをやめるということ。 はじめてのブログ >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今から、3年くらい前のこと・・・・

久しぶりに、筋金入りのヘビースモーカーのFさんと会った。
いつもなら、座ると同時に、タバコに火がつくのに、もう20分近く
経つのに・・・今日は変だなぁ。
あぁ、タバコを忘れたのか切らしていたのかのかな・・・。

そう思いつつ、「タバコ・・・」そう言いかけたとき
「うん、やめた。」
一瞬、耳を疑った。この人は、最後まで喫煙仲間だろうと、勝手にそう
思っていた・・・。


「もう二ヶ月近くになるかな・・・」

「近くで吸ってても大丈夫なんですか?」そう聞くと 

「うん。もう平気だね」

自分は、2年前に1年間の禁煙で失敗しているだけに、さらに衝撃的だった。
そのときの禁煙は、身近な人が肺がんで亡くなったのがのきっかけだったのに・・・。

同じように身内を悲しませないため・・・頭では、わかっていながら、1年しか禁煙が続かなかった自分・・・・。
そんなことが頭をよぎった。
スポンサーサイト
2006/04/05 18:13|禁煙物語!?TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yafooo.blog61.fc2.com/tb.php/6-bd69f71c
Copyright(C) 2006 タバコの上手な別れかた All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。